スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
下準備
いつでも垂れウサを迎えられる様に下準備☆
(ちなみに現在深夜2時を過ぎています;;)

先ずは気が早いですが、うさぎが部屋の中で遊んでいる際に、電気コードを齧って感電してしまわないようにコルゲートチューブ (電線保護材) でガード。

【 コルゲートチューブ、または スパイラルチューブ 】
電線保護材


 ↓ の様な感じに手当たり次第部屋の中にあるコードをぐるぐる巻きに☆

まっきまき☆

巻けないコードはガムテープでベタベタに☆
( ちなみに ↓ はネット用の電話回線です )
べったべた☆

そして次は齧られたら困ってしまうモノをガードという事で、ソファーの足にダンボールの代わりに大量に買い置きしてあるカロリーメイトの箱でガード☆

カロリーメイトは管理人の主食です

カロリーメイト四箱分です☆


ぶっちゃけ齧られても気にはしないのですが、齧ってる最中の垂れウサが ソファの下敷き → ケガ となっては洒落にならないので一応ガードしておきました。
(他の家具類は齧られても気にしないのでノーガートです☆)

実際に垂れウサを室内で遊ばせている時は、管理人も一緒になって遊んでいるか ガン見しているかのどちらかだと思うので大丈夫だと思いますが・・・。

昔から、備えあればナンタラカンタラと言いますので出来るだけ今の内に準備をしておこうと思います☆



スポンサーサイト
2009/03/04(Wed) | 下準備 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ケージ
垂れウサのマイホーム用のゲージですが、オークションで中古の “ コンフォート60 ” をゲットしましたv (*´▽`*)

コンフォート60

二面が壁沿いだとウサギは落ち着くとの事なので、ソファーの横に。
外に面している壁側には、プチプチシートを貼り付けて寒さ予防に。(気持ち程度ですが; ( ^ ^;) )

ちなみにケージを 購入 ・ 設置 するにあたりの注意点ですが
ケージは大人用サイズのケージを。 ( 子ウサギはすぐに大きくなるので )
目安として、“ 幅60センチ×奥行45センチ×高さ55センチ ” 程度あれば、体重1~2キロのウサギ1頭を飼うのに充分なスペースです。
室内の設置場所は、ウサギは暑さや湿気が苦手なので、直射日光の当たらない風通しの良い場所、お風呂場や台所の近くなど湿度が高くてジメジメしている場所は避けましょう。
(ちなみに、風通しが悪いとウサギの苦手な湿気がこもりがち。直射日光は良くないですが、日当たりが悪い場所も避けた方がよいそうです;)
また寒さにも強くないので、冬はすきま風が入り込まない場所を。
朝晩の寒暖の差が無く、エアコンからの送風が直撃しない場所を。
臆病な性質を刺激しないよう、電話やテレビ等の音源に近い場所も避けましょう。
出入り口に近づき過ぎなのも避けましょう。(落ち着かないので)
部屋の真ん中ではなく、壁際に。二面が壁沿いだとかなり落ち着けます。

ウサギにとっての快適な室温は大体 18~24℃、湿度は40~60%。
冷暖房や除湿機などを使って、年間を通して温湿度を管理してあげましょう。

・・・との事です。

なるべく垂れウサが快適に過ごせるよう、頑張りたいと思います・・・!!


2009/03/03(Tue) | 下準備 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。