スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
家に慣れさせる1週間プログラム
参考文献より、健康で元気に育てるには、最初の1週間はうさぎを刺激しないよう注意深く接する事が大切との事なので、管理人を牽制する意味も込めて箇条書きしておきます。


☆☆☆

・1 ~2日目: ケージの中で静かに過ごさせます。
     ウサギが落ち着いてきたら、ケージの外から優しい声で名前を呼んであげましょう。
     (※ケージから外にはまだ出さない。)
       

・2~3日目:優しく声をかけながら、ケージにウサギを入れたまま手から直接エサをあげたり
     ケージの中に手を入れて眉間や背中を軽く撫でてやりましょう。
     ウサギがストレスを感じて疲れないように、最初のふれあいは1日10分位が適当。
     頭上から見下ろすと怖がるので、正面からウサギと同じ高さの目線で接しましょう。
        

・3~4日目: ウサギが飼い主に慣れて来たら、10~20分ケージから出してあげます。
     初めて外に出した時、人間が追いかけるとウサギは怯えて逃げてしまうので
     あまり動かずに待っていましょう。
     (ウサギは好奇心旺盛なので人間がじっとしていると近寄ってきます。)
     但し近づいてきても触るのはちょっと待っちましょう。
     人間は怖くないと納得するまで、充分にニオイを嗅いだり舐めたりさせます。
     緊張した様子が無ければ撫でてあげましょう。
     ウサギはグルーミングが大好きで、眉間や背中を撫でてもらうと喜びます。
     手からおやつなどの食べ物を与えるのも早く仲良くなる方法です。
        

・5~6日目: ケージから出した時に抱っこしてみましょう。
     慣れてきたようであれば一緒に遊んで、1週間目からトイレの躾を始めます。
     (但し個体差があるので、よく様子を見て無理のないように。)

※以上が平均的なプログラムですが、食欲が落ちる、ビクビクしているなどの状態なら、様子を見ながらゆっくり慣らします。
個体差を理解し、その子のペースに合わせて慣らしてあげましょう。


☆☆☆

実際にモモと触れ合えるのは三日目ないし四日目からですか・・・・・・・。

頑張って誘惑に打ち勝とうと思います・・・!
スポンサーサイト
2009/03/06(Fri) | 1週間プログラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。